GENKING 青汁 いつ飲む

いつ飲むのがいい?飲み方をご紹介

GENKING,青汁,いつ飲む

めっちゃたっぷりフルーツ青汁(めちゃフル青汁)を飲むつれて飲み方や毎日のなかで、いつ飲むほうがいいのかわかりませんよね。

 

 

そこで、めっちゃたっぷりフルーツ青汁(めちゃフル青汁)の飲み方や毎日の生活のなかでいつ飲むのがいいのかをご紹介したいと思います。

 

 

いつ飲むほうがいいのか?

 

毎日の生活の中で、いつ飲むのがいいのかは、朝や夜に飲んでみてもいいんですよ。忙しい朝に一杯飲んでみてもいいでしょう。

 

 

自分のライフスタイルに合わせて好きなタイミングで飲むのが1番です!夕飯を食べる前に、たっぷりフルーツ青汁を飲む。そうすることで、満腹中枢を先に刺激しておき、食べる量を減らすことができます。

 

 

朝は胃の中が空になっています。

 

 

その胃の中に青汁を入れると、乾いた土が一気に水を吸収するように、青汁に含まれている栄養素や水分が一気に体内へ吸収されていきます。

 

 

ですので、朝食代わりにたっぷりフルーツ青汁を飲むと、一番栄養素をしっかりと吸収できるのです。

 

 

飲み方

 

・定番である、めっちゃたっぷりフルーツ青汁(めちゃフル青汁)に水で混ぜて飲む方法です。

 

 

・めっちゃたっぷりフルーツ青汁(めちゃフル青汁)に牛乳混ぜて飲む方法です。

 

 

作り方などは水と全く一緒で、普通にめっちゃたっぷりフルーツ青汁の粉末をコップに入れてその上から牛乳を100mlほど入れて混ぜれば完成ですね。水と違って牛乳の場合はもう少し牛乳の配分量を多くしても美味しさを保てるので150ml?200mlくらいに調整してみてもいいかもしれないですね。

 

 

 

ただし牛乳にするとその分水よりもカロリーは増えますので、置き換えをしないなら毎日牛乳にするのは避けたほうがいいかもしれません。

 

 

ファスティング中やプチ断食を行うなら水よりも満足感があるので乳酸菌飲料と混ぜて飲むことをおススメします。

 

 

ちょっとお腹が空いた時にはめっちゃたっぷりフルーツ青汁に入っている酵素と野菜の栄養素に加えて、乳酸菌飲料に含まれる乳酸菌と糖分が
体を満たしてくれて満足感を感じることができます。

 

 

カロリーは牛乳よりも多くなりますが、下手にお菓子を食べてしまったりするよりも太らないですし、もちろん置き換えならカロリーカットにもつながります。

 

 

ちょっと気分を変えたいかも!といった時や疲れやストレスが溜まっているようなときにはオススメできる飲み方です。

 

 

飲み方・いつ飲むまとめ

 

・飲むタイミングはご飯前に飲む!

 

・食事を置き換えをしてみよう!

 

ちょっとした工夫で飲んでも飽きなそうですね。

 

 

飲むタイミングも大事になってくるので自分のライフスタイルにめっちゃたっぷりフルーツ青汁(めちゃフル青汁)をとりいれるといいでしょう。

 

 

>>GENKING青汁のお試しモニターの詳細はコチラから

 

 

GENKING青汁のダイエットの秘密とは?